Sat - December 11, 2004

買い物


Pole は悩んだ結果, Retailer に.
Goggle は Oakley の Wisdom の Black Iridium でスペアレンズとして Pink Iridium を.

...それにしても雪が...(--;;

Posted at 08:51 AM       |

Fri - November 26, 2004

いろいろ


ここんとこ買ったもの.

- icon4
- POWDER GUIDE (センチュリームック)
- POWDER SKI For Everyone (ブルーガイドスキーの別冊?)

Ebisfilms の T シャツとか,でてんのね.へー.

Posted at 12:46 PM       |

Mon - October 25, 2004

Pole


Powder Ring が付けられて,できるだけ細身で,柔らかめというかしなやかで,ディアミールのロックをひっかけられる tip の奴で,ある程度シャフトを伸縮できるのがええなあ...という欲望を満たす Pole を物色中.
週末,これ を見るだけみてきたんだけど,わりとよさげかも.

Posted at 01:14 PM       |

Sun - October 10, 2004

年末年始


年末年始用に志賀の某宿を手配.
まあ雪もまだあれだと思うし多分初滑りになるような気もするんでボチボチって感じでちょうどいいかも.
今シーズンは 10 年くらいぶりに Whistler にでも行こうかとスケジューリング中.
でも FFP での特典 C クラスチケットは全然空きがない...

Posted at 11:33 AM       |

Mon - October 4, 2004

ルーフボックス


前々から欲しかったんだけど,今年ついに購入.
最初は TERZO のローライダーシリーズにするかと思ったけど,板を横にしなくちゃいかんのがちょっとなあってことで,近所のオートバックスで現品限りで安く売ってた RV-INNO のスカイシャトルってのに.
バーなども入れて工賃もいれて 58k くらい.

Posted at 02:11 PM       |

Wed - September 8, 2004

Avalanche Transceiver


ORTOVOX の X1 を入手.
US で買って同僚に密輸ハンドキャリーしてもらったので安くあがりました.:-)
m1 よりもコンパクトだけど重い感じがするなあ.気のせい?

Posted at 11:03 AM       |

Sun - May 16, 2004

一樹さん、Salomon にマテリアルチェンジ


Salomon っすか。ぜひ PocketRocket をはいて * 頭の堅い一部の基礎スキーヤーども * にレッスンしていただきたい。:p

っつか、びっくりしたのは、「裏切られた...」とか「師匠と同じマテリアルにしたのに...」なんてコメントが、スキー関係の掲示板その他に多いことか。
どうして一人の人間の決断を尊重するってことができないんだろうか。
立場を変えたい、違った観点で動けるところに行きたい、というのは別にプロスポーツ選手でなくても皆持ってることだろうにさ。やれやれ。

で、それより最悪だと思うのは、「信じて ATOMIC を買ったのに...」とか「同じマテリアル(メーカ)にしたのに...」系なの。
スキーって道具の影響度合いが大きいスポーツなのに、どうしてそういう他者に依存した選び方ができるんだろうか。
たまにスキー関係の掲示板でもいるけどな。
「A と B で迷ってます。どちらにしたらいいでしょう?」
的な奴。アホか。自分で決めれへんのやったら買わんかったらえーやんけ。

Posted at 08:42 AM       |

Sun - May 2, 2004

ARAI (Day 2)


2 日目は快晴。すげーいい天気。
チェックアウトしてゴンドラで上へ上がるとこれまたいい天気でかつ暑い。

(撮影: FOMA P2102V)

わたしは T シャツの上にアロハシャツって格好で滑る(良い子のお友達はまねしちゃだめよ :-))。
汗だくながらも気持ちよく 4 本ほど。仙石沢の conditional zone も滑走できたので満足満足。
昼にあがって風呂入って帰路に。
途中、「道の駅あらい」にて有機米を get。

帰りは小仏トンネル先頭で 15km 90min な渋滞。疲れた...

Posted at 09:36 AM       |

Sat - May 1, 2004

ARAI (Day 1)


3:30 起床で ARAI へ BBQ + 春スキー。
西国立で友人を拾い、中央道まわりで ARAI へ。
野尻湖までは快晴だったのにいきなり霧が...案の定 ARAI についても霧 + 霧雨。(--;;
しばらく待ってたら視界はましになってきたのでゴンドラで上へあがって滑る。上は雲があるものの晴れ間も覗く感じで気持ちいい。

(撮影: FOMA P2102V)

11:00 くらいに後発の友人(今回は BBQ 専門部隊)が到着したという連絡が入ったので下山し、BBQ。
ってことで午後は全然滑らずに BBQ して終了。

Posted at 09:31 AM       |

Sun - March 14, 2004


うちのクラブの準指受験者は皆合格!!
よかったよかった。

Posted at 11:07 AM       |

Sat - March 13, 2004

準指検定サポート(2 日目)


サポート 2 日目。
今日は快晴。気温あがりそ−。
種目はカービング中回り、整地小回り、シュテム、制限滑降。
メンバは皆よい滑り。去年とは全然滑りが違う。貫禄というか落ち着いたいい滑りになってたっす。
検定は明日まであるんだけど、わたしは諸事情で今日でサポート終了。4 時ごろ宿を出て帰宅が 8 時前くらい。

Posted at 10:03 PM       |

Fri - March 12, 2004

準指検定サポート(初日)


というわけで菅平。
去年一緒に受験して苦しんだメンバのうち 3 名が今年も受験。
わたしはサポートとしてビデオ係 + 荷物持ちなど。
去年と違って天候も落ち着いておりよいコンディションになっててよかったよかった。木曜には雨が降ったみたいだけど。
プルークボーゲン、プルークターン、不整地小回り、整地大回り(トップコントロール) の 4 種目。

Posted at 10:00 PM       |

Sun - February 22, 2004

北海道(ニセコ 最終日)


6:00 起床で朝風呂。外は雪。今日午後から大荒れらしいんで明日とか、LTD はいいかもしれんねえ。でも雨降ったあとだから弱層ができてるかな。

...ととと、千歳には無事着いたんだけど、大雪 + 機体到着の遅れによる delay かよっ。(--;;
......(3 時間経過)...やっと出発だー。

ってことで予定よりも 4 時間近く遅れて帰宅。疲れたねぇ。

Posted at 12:40 PM       |

Sat - February 21, 2004

北海道(ニセコ 3 日目)


朝から強風でゴンドラ動かず。おまけにどうも雨が降ったようで春スキー状態な雪質。
しばらく滑ってるとゴンドラが動き始めたので山頂からアンヌプリへ滑り込む...が、視界 5m 程度で雪はウインド + レインクラストな感じ。
麓は小雨。休憩してからゴンドラでまた上へあがり、ヒラフへ滑り込む。
見晴台ヒュッテで昼食おうかと思ったけど混んでたので麓まで降りてニセコアルペンで遅い昼飯。
センター 4、第 6 トリプルと乗り継いで東山側へトラバース、あいかわらず濃いガスの中を降りて終了。

Posted at 12:34 PM       |

Fri - February 20, 2004

北海道(ニセコ 2 日目)


朝 7:00 すぎにホテルをチェックアウトし、バスでニセコへ移動。
めちゃめちゃ天気よくって、道中の景色非常によし。
中山峠付近って結構いい感じのツアーコースになりそうなところがいくつもあったけど、このあたりってあまり滑らない(滑れない?)ところだったりする? > 識者

11:00 ごろにニセコ東山に到着。
チェックインし、着替えてゲレンデへ。
Volant Machete SIN + Diamir FR の初卸し。
プリンスゴンドラで上へあがって早速ヒールを解放してみる。:-)

さすがに快晴って感じなので深雪はないもののゲレンデコンディションはまあまあ。
SIN は...うーむ、なるほど。正しいポジションに乗って正しく操作してやらないといかん板っすね。
allowance がないわけじゃないけど、外すと動きが鈍く、悪くなる系の板。破綻するほどには悪化しないけど
明らかに嫌な顔をする頑固オヤジ系というか(笑)。ARC-U なんかとはまた違う感じの allowance の狭さな感じだけど。
でも、ちゃんとツボ踏んで使ってやれば安定しているし、操作性も悪くないしでいい板ですね。気に入りました。
しっとりしているけど鈍重ではなく、張りはあるけどしなやかな感じ。
コブ行くのは板曲げそうで怖いんだけど、指導員検定なんかにもいいんじゃないかなあ。
この板をちゃんと動かせられるように動けば、いいポジションいい操作ができてるように思えるし。

Posted at 06:13 PM       |




©